« iPhoneに取り込んでみる | トップページ | 総会かい »

2010年5月25日 (火)

ColorMunkiという名の色猿

みなさんはパソコンの色って

意外といい加減だってご存知でしょうか。

Macintoshは昔から伝統的にOSレベルで

カラーマネジメントされているので

比較的正しい色を表示できるのですが

Windowsですと実はかなり怪しい。

今回はモニタはもちろん

プリンタの色も合わせようと

去年、驚きの低価格で発売された

ColorMunkiというカラーキャリブレーターを使ってみました。

まあ、直訳すると「色猿」ですからアレですが。

で、モニタのキャリブレーション中なのが下の写真。

Kicx6710

上に見えるのが色評価用の5000ケルビン高彩色蛍光灯を装着したZライト。

Zライトってこんなに有名だから

さぞや使いやすいのだろうと

思っていましたが

結構チープで使いづらいのに驚きました。

これならラクソの方が断然良い。

このiMacは私のマシンではないのですが

Aperture3が凄まじいスピードで動きます。

2000万画素のRAWファイル20000枚が

驚きのスピードでスクロール。

27inchのi7でメモリが16GBとのこと。

メモリが16GBってあなた

そりゃ速い訳だ。

で、10分程でモニタのキャリブレが終了。

それにしてもColorMunkiって操作が簡単ですね。

これなら会社のモニタFlexScan10台も

あっという間に色を合わせられそうです。

デザイン事務所なら当然でしょうが

土地家屋調査士事務所で

全部の蛍光灯を色評価用にして

全モニタをカラマネしている事務所は

全国でも当社ぐらいのものでしょう。

インクジェットもカラーレーザーも複合機もマッチングさせて

今後はお客様に正しい色で作成された図面を納品しようと思います。

え?

誰も望んでないですって?

はい。

変態です。

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へクリック頂けるとうれしいです。

« iPhoneに取り込んでみる | トップページ | 総会かい »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104381/48450625

この記事へのトラックバック一覧です: ColorMunkiという名の色猿:

« iPhoneに取り込んでみる | トップページ | 総会かい »